歯科

なぜ必要なのか

歯医者

千葉県の習志野市は、昔は陸軍とゆかりのある地であり、今は陸自の習志野駐屯地があることで有名。商業施設もありますが、どちらかというとベッドタウンとして発展しており、小学校を中心に学校もたくさん並んでいます。
そんな習志野市では、数多くの歯科医院から選んで子どもの歯を矯正してもらうことができます。
歯の矯正というと、大人がやるようなイメージを持つ人も多いかもしれませんが、子どもでも矯正を行うことができます。子どもに行う矯正を、小児矯正といいます。

なぜ、小児矯正が必要なのでしょうか。
人によっては、子どものうちから歯の矯正をするとあまりよくないのではないかというイメージを持つかもしれませんが、実は逆なのです。大人になってからの矯正は、アゴの成長が止まっているため、人によってはかなりの困難が伴いますし、十分な矯正ができないこともあります。しかし小児矯正であれば、アゴが成長するのに合わせて自然に矯正していくことができるので、アゴや口腔に大きな負担を加えることなくきれいな歯列に整えることができるのです。

特に欧米の食文化が一般化してきてから、小児矯正の必要性が叫ばれてきています。
というのも、欧米の食べ物はファストフードを中心に柔らかいものが非常に多く、欧米のものばかり食べているとアゴが十分に成長しない問題があるのです。歯ごたえのあるものを食べる、食事中はよく噛むよう子どもに指導する、ガムを噛ませるなどでアゴを鍛えることができますが、それでも足りない場合があるので、小児矯正を行う必要があるのです。
小児矯正を行いつつ、アゴをしっかり使う練習をしていくと、より確実に自然な歯列にすることができます。