歯科

一期と二期

歯医者

欧米食が浸透して噛む力を鍛えにくくなっていると言われている現代、子どもに小児矯正を受けさせることが大切だと言われています。習志野市にお住まいであれば、習志野の歯科医院からよい医院を探し、小児矯正をお願いすることができます。

小児矯正は大人になってから矯正を始めるよりも簡単に、そして確実にきれいな歯列にすることができますが、子どもの成長具合に合わせる必要があるので、慎重を要する必要もある施術です。
そのため小児矯正には、一期治療と二期治療という考え方があります。習志野にある歯科医院の多くでも、一期治療と二期治療に分けて小児矯正を行っています。

一期治療とは、混合歯列期に行う小児矯正のことです。混合歯列期とは乳歯と永久歯がまだ混在している時期のことで、たいていはどこかの歯が抜けていたり、永久歯が生えきっていなかったりしています。この時期はデリケートな時期にも思えることからそのままにしておいたほうがよいのではないかと思う人もいるかもしれませんが、小児矯正においてはむしろ一期治療のほうが重要です。
永久歯は、アゴがしっかり成長し、乳歯が正しいタイミングで抜けるときれいな位置に生えてきます。しかし条件が揃わなければ、ずれて生えてくることがあります。このずれが起こらないよう、永久歯がきれいに生えてくるための口腔内環境を整えることが一期治療の目的です。

二期治療は、歯がすべて永久歯に生え変わってから行われる小児矯正です。ここで行われる矯正は、基本的に大人と同じ方法が取られますが、子どものアゴは永久歯に生え変わってもしばらくは成長するので、その成長する力を利用して確実で負担の少ない矯正を行うことができます。ちなみに、一般的にアゴの成長は身長よりも長く続くため、身長が止まったとしても小児矯正はまだ行えます。

一期治療は、とても上手くいけば二期治療を必要としなくなる場合もありますが、子どもの成長速度に合わせるため計画が立てにくいという側面も持ちます。そのため、歯科医師とのカウンセリングにて難しいと判断されれば、二期治療から小児矯正を開始することもあります。