歯科

主な治療器具

歯医者

習志野市で子どもに小児矯正を受けさせるのであれば、腕がよく、きちんと患者のことを考えてくれる歯科医院を探すことが大切です。習志野市で治療を受けられる歯科医院いくつかを受診し、カウンセリングだけ受けてみてよさそうなところを探すという探し方もあります。
子どものうちに歯列の矯正を行っておくと、少ない負荷で確実な矯正が可能となるので、大人になる前に小児矯正を受けておくことが推奨されています。
そんな小児矯正で使用される治療器具の主なものをここで紹介していきます。

最も広く使用されているのは、メタルブラケットです。ブラケットとは歯の表や裏に装着されているライン状の器具で、これを着けたことがあるという人、着けている人を見たことがあるという人は多いのではないでしょうか。メタルブラケットが最も広く使用されている理由は、第一にその費用が安いからです。また、費用が安くて財布に優しいだけではなく金属ゆえに耐久性が高く、破損や変形の心配があまりありません。

ただし、メタルブラケットは話しているとすぐ相手にわかってしまうというデメリットを持ちます。小児矯正といえども、小学校高学年にもなれば自身の見た目が気になってくるので、メタルブラケットを嫌がるかもしれません。
そこで登場するのが、審美性ブラケットです。これはその名のとおり審美性に優れたブラケットのことで、セラミックやプラスチックなど透明性の高い素材を使用しているためあまり目立ちません。また、メタルブラケットでは人によってはアレルギー反応を起こす場合があるので、その際はこちらの審美性ブラケットを使用することができます。

小児矯正に向いており、習志野市の歯科医院でも取り入れているところがある治療器具に、床矯正というものがあります。床矯正は、歯茎を床として内側からマウスピースで歯に負荷を加えるもので、アゴをしっかり大きくしていくことができます。アゴを大きくすることが目的なので、大人の矯正には普通使用しません。
外から目立たず、取り外しが可能で、小児矯正の一期治療に高い効果を発揮しますが、口腔内の形状によっては子どもであっても受けられないことがあります。